Gスポットで中イキさせる指技 膣イキさせるための前戯

北条麻妃のセックス動画教材「Gスポットで中イキさせる指技」は女性をセックスの本番でイカせる(ナカイキ)を目的とした指マンのテクニックを解説しています。
>>より確実なナカイキのために、ピストンのやり方を動画で見る

「ナカイキ」なのに指マンのテクニック?

この動画のタイトルを見て首を傾げる方は少なくないのではないかと思います。
「ナカイキ」というのはセックスの本番、つまりペニスを膣に挿入してのピストンによる刺激でオーガズムに達する事を言います。なので「ピストンのテクニック」ならまだしも、ナカイキのために指技というのはおかしいと感じるでしょう。指でイカせたらナカイキではありませんから。

しかしナカイキのための指技というのは矛盾していません。女性を膣内オーガズムに導く為には、ペニスを挿入する前の前戯がとても重要なのです。これを多くの男性は知りません。だから多くの男性はパートナーをペニスでイカせる事が出来ないのです。

激しく指を動かせば良いわけではない

指マンにせよ、本番のピストンにせよ、激しく動かして激しい刺激を与えれば感じる・イクと思っている男性が多くいますがこれは間違いです。AVで男優がよく激しく指を動かして女優が喘いでいますが、あれはあくまでも演技であり演出です。AVの内容を鵜呑みにしてはいけません。

女性をナカイキさせるための指マンは、以下の3つがポイントです。

1. Gスポットの位置を正確に見つけること。

Gスポットは多くの方がその名を聞いた事がある有名な性感帯ですが、きちんと刺激出来る男性は少ないと言って良いでしょう。
Gスポットは見た目ではっきりと分かる部分ではないため、まずその位置が分からない。見た目で分からないので探り当てる必要があります。まずはこの探り方をマスターしましょう。

2. 潮吹きをさせようとして強い力で刺激しないということ。

AVやエロ漫画では女性がイク時に潮を吹くという描写が度々見られます。このために「女性が潮を吹く=快感を感じている・イっている」と思っている男性が多いのですがこれは間違いです
女性が潮を吹くのは必ずしも快感を伴っているとは限りません。
一度でも膣の愛撫でパートナーに潮を吹かせた経験のある男性は、指マンの際に潮を吹かせようとしがちですが、これは女性をナカイキさせるための前戯としては有効ではありません。

優しい愛撫が有効なんです。

3. そして最後のポイントは、タイミング。

女性がGスポットで快感を感じるには、十分に性感を高めておく必要があります。前戯がしっかり出来ていないと、本番のピストンでオーガズムに達する事は出来ません。

より確実に中イキさせたいなら、ピストンのやり方も学びましょう

「Gスポットで中イキさせる指技」はナカイキを目的としてはいますが、前戯だけの教材です。
本番ピストンでの持続力に自身が無いという方や、より確実にナカイキさせたいと思うのならピストンのやり方についても解説している北条麻妃の教材「絶頂ピストンメソッド」をオススメします。
※絶頂ピストンメソッドのレビューはこちら→絶頂ピストンメソッドの内容

絶頂ピストンメソッドは前戯でのGスポット刺激法だけではなく、Gスポットを刺激するピストンのやり方を解説しています。単に体位を紹介しているのではなく、Gスポットを刺激するためにやり方を工夫しているのです。
また、Gスポット以外の膣内の性感帯を刺激出来るピストンのやり方も解説していますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です