絶頂ピストンメソッドの最後の第5章は、男性がセックスで長持ちするためのテクニックです。
⇒第5章の動画を見る

ナカイキに長時間のピストンは必要ないけど・・・

以前に書いた絶頂ピストンメソッドの内容にも書きましたが、ナカイキさせるために長時間のピストンは必要ありません。しかしそうは言っても男性の持続力があるに越した事はありませんね。
セックスを数多く経験してある程度射精のコントロール法を身につけている方もいれば、まだセックスの経験が少ない男性もいるでしょうし、前戯で女性にたくさんペニスを刺激してもらったら当然射精までは早くなってしまいますし。

女性をナカイキさせるという動画のメイン目的からするとオマケ的なものではありますが、絶頂ピストンメソッドでは男性が長持ちするテクニックを解説しています。

いかにして女性を冷めさせずに男性が休むか

男性が射精しそうになったら、極論を言えばペニスへの刺激を止めればいいわけです。しかし1人で行うオナニーならいざ知らず、相手がいるセックスではそうもいきません。前戯⇒本番ピストンと高まってきた女性の性感が冷めてしまっては意味がありません。男性が射精から遠のくと同時に女性もナカイキから遠のいてしまっては、ナカイキさせる事は出来ません。何より女性の気持ちが冷めてしまいますよね。

そこで男性は刺激が少なく、女性は刺激があまり下がらないテクニックというのが紹介されます。意外に思われるかもしれませんが、こんなやり方でも女性は性感が下がらずに維持できるのです。

男女同時に本番でイク方法。ナカイキさせられるなら意外と簡単です

男女が同時にオーガズムに達するという、男にとっては夢のような事を実現する方法が紹介されています。
実はこれ、そんなに難しくないのです。もちろん女性をナカイキさせる事が出来なくては無理ですが、それが出来るなら難しくないのです。
女性のナカイキのオーガズムと男性が射精するオーガズムは違いがあります。この違いを理解すれば、実は簡単に一緒にイケるのです。

※参考記事

北条麻妃 絶頂ピストンメソッド レビュー「男性が長持ちするためのテクニック」

絶頂ピストンメソッドはAV女優・SEXアドバイザーである北条麻妃が解説する、女性がナカイキさせるための方法を解説している動画教材となっています。

>>動画を観る

ナカイキは難しい?実は簡単なんです

セックスの本番であるペニスを膣に挿入してのピストンで女性がイク事を「膣内オーガズム」と言います。「膣イキ」「ナカイキ」なんていう呼び方もされますね。
ナカイキをした事のある女性・ナカイキさせた事のある男性はあまり多くないと思います。クリトリスを刺激してのオーガズムは多くの女性が 経験していると思いますが、膣内のオーガズムとなるとなかなか難しい。セックスの本番は男性だけがオーガズムに達して射精して終わりというカップルは少なくないと思います。

でも実は、ナカイキというのはそう難しいものではありません

膣の開発を行わなくても、すぐにナカイキは可能です

一般に知られているナカイキのための方法というと、いわゆる「膣の開発」が多く見られます。北条麻妃も絶頂ピストンメソッドより以前に北条麻妃が教える膣開発法という動画教材を出しています。
このため一般には「ナカイキ=時間を掛けての開発が必要」というイメージが強いのですが、絶頂ピストンメソッドは違います。

開発は必要ありません。動画を見て実践すればすぐにパートナーの女性をナカイキさせる事が可能なんです。
人によっては一回でイキナリうまく正確には出来ないという場合もあると思いますが、何回かやっていくうちにコツが掴めると思います。いずれにしても膣の開発を行うのに比べたら遙かに短い時間でナカイキさせられます。

早漏でもナカイキさせる事は可能です

女性がオーガズムに達する前に男性が射精に至って終わってしまうために、「ナカイキ=長時間のピストンが出来ないと無理」という風に思っている方は少なくありません。確かに女性がオーガズムに達する前に男性が射精してしまってはナカイキはありませんね。

でも長時間のピストンは必要ではありません。

長時間ピストンをしなくても女性がオーガズムに達する方法を使えば良いのです。

前戯もピストンも膣内の性感帯を確実に刺激出来る方法で行う

膣内オーガズムとはつまり、膣内の性感帯がペニスによって刺激されてその快感でオーガズムに達する事です。
ペニスを挿入する前に前戯でしっかりとGスポットを刺激して性感を高め、さらにピストンもGスポットを刺激するやり方で行うようにします。するとほんの数分のピストンだけで女性は膣内の快感でオーガズムへと達するのです。

「絶頂ピストンメソッド」と銘打っていますが、ピストンのテクニックだけではなく前戯のテクニックでもあるのです。

まずはGスポットを探り当てる

膣内の性感帯はいくつかありますが、絶頂ピストンメソッドでメインに攻めるのはGスポットです。動画の第1章の前戯でも、第3章のピストンでもGスポットの刺激を目的としたやり方を解説しています。(Gスポット以外の性感帯を刺激するピストンのやり方も後半の章で解説しています。)

Gスポットは膣内の性感帯でもメジャーなので、前戯の指マンで刺激してみようと試みた事のある男性は多いと思います。でも探り当てられなかったという方、多いのでは?目に見えてハッキリとどこなのか分かる部位ではありませんし、位置にも多少の個人差があります。また女性自身も自分でどこがGスポットなのか自覚していない方が多い。メジャーな性感帯ですが実はまずは探り当てるのが難しい。

絶頂ピストンメソッドの第1章では、Gスポットの刺激方法と探り当て方を2種類紹介しています。片方は簡単に出来るやり方なので誰でも探り当てて気持ちよくさせる事が可能。慣れてきたらもう一方のちょっと難易度の高いやり方も試してみてください。刺激のやり方にバリエーションをつけられます。

膣内オーガズムへと導くピストンは全部で6種

Gスポットを刺激出来る体位が3種。
他の性感帯3種を刺激出来る体位が各1種。

全部で6種の体位が紹介されます。
>>ナカイキさせるピストンのやり方の動画を観る

注意が必要なのが、単にこの体位でピストンすれば膣内の性感帯に快感を与えられるというわけではない事。
普通のその体位でのピストンとは違い、性感帯を刺激するために工夫をしているのです。動画の通りのやり方で行っていないと、膣内の性感帯を刺激するのに効果的ではないのです。