ベテランAV女優であり、性の探求者である北条麻妃は数多くのセックステクニック教材を出していますが、その中でも「北条麻妃が教える膣開発法」は大変に人気のある動画教材です。
⇒動画の視聴はこちらをクリック

ペニスの膣内刺激でオーガズムに達する「ナカイキ」

ペニスを挿入してピストンを行い、この刺激の快感で女性がオーガズムに達する事をナカイキ(膣イキ)と呼びます。
パートナーをナカイキさせたいと思っている男性は多いでしょう。互いの性器同士を擦り合わせて互いに快感を感じるのは「本番」と呼ばれるだけあってセックスで最も精神的にも快感的にも高まる時。この時に自分だけでなく相手の女性もイって欲しいと思うでしょうし、あるいは人によってはある種の「征服感」みたいなものを感じるというのもあるでしょう。

当の女性にとって、ナカイキは男性が感じる以上に大きな意味があります。
ナカイキはとても深くて長いオーガズムを感じる事が出来るのです。
クリトリスを指で弄られてイクのと、膣内をペニスで刺激されてイクのでは、”刺激するもの・される部分が違うから感じ方が違う”なんていうレベルの違いではありません。あるいは男性で言えば「ペニスをパートナーに手コキされて射精に達するのと、膣内で刺激されて射精するのとの違い」なんていうレベルではないのです。

膣内でのオーガズムは、クリトリス刺激によるオーガズムとは感じる神経からして違うという事が医学的に分かっています。
感じ方がまるで別物なので、快感の強烈さが全然違うのは当然なんですね。

膣の開発って何をやるの?

男性には元々「本番でパートナーをイカせたい」という欲求はありますし、インターネットの普及した現在では「ナカイキはすごく女性は気持ちよいらしい」という事も知られてきています。また、「ナカイキさせるのは膣の開発が必要」というのも結構知られてきているでしょうか。
しかし、では女性をナカイキさせられるかというと、出来る男性はほとんどいません。

「膣の開発」と聞いて、「膣を激しき刺激してやれば感じるようになる」と思っている男性が少なくありませんが、これは全くの間違い。
ただ闇雲に手マンを激しく行ったり、クンニを激しく行ったり、本番で激しく腰を動かしたりしても女性の膣は開発されたりしません。
「膣の開発」という言葉だけが独り歩きをして、その内容は知られていません。

膣は正しい手順を踏んで開発を行わなくていけません。北条麻妃が動画で行う解説を見て、しっかりとパートナーのアソコをナカイキ出来るように変えていきましょう。
⇒この動画のようにやってみてください

男女にとって夜の営みは幸せなもの。言うまでも無く、セックスの本番はペニスを膣に挿入して行うピストンですよね。
しかし男性はこの本番行為で確実にオーガズム=射精へと至りますが、女性はここでオーガズムには簡単には至りません。ピストンで女性がオーガズムに達する事を「ナカイキ」と呼びますが、女性をナカイキさせた経験が無いという男性は多くいます。

でもこれは必然なんです。

女性は男性と違い、膣内の快感でオーガズムに達するのは簡単な事ではないのです。何も知らずにただセックスをしているだけではナカイキ出来ないのです。
>>ナカイキさせるための方法を動画で見る

男性が早漏だから女性がナカイキしないというわけではない

女性をナカイキさせられない男性の多くが「自分が早漏だからナカイキさせられない」と考えてしまっています。パートナーがイク前に自分が射精に至ってしまっているからイカせる事が出来ない。だからもっと長くピストンを出来るよう、早漏の改善方法を考える人が多くいます。
しかしこれは間違いです。
厳密に言うと全くの間違いではないのですが、男性の持続力だけを強化してナカイキさせるのはまず無理だと言って良いでしょう。

女性の膣内の性感帯は、クリトリスや男性のペニスのように刺激すれば快感を感じ、そのまま続ければ確実にオーガズムに達するというような単純なものではないのです。
時間を掛けて開発を行って膣内で快感を感じられる状態にし、さらに女性が感じるテクニックを駆使する事で膣内でのオーガズム=ナカイキは達成されるのです。小手先のテクニックやピストンの長さだけでは達成するのは非常に難しいのです。
開発を行ってください。
>>開発方法を動画で見る

逆に言うと、開発を行ってナカイキ出来る体になってしまえば、長時間のピストンは必要ないのです。