「正しい教科書」はAV女優北条麻妃が、世の男女の多くが知らない「快感の原則」からなるセックスのテクニックを解説する動画教材です。
⇒動画はこちらから

セックスのやり方は、誰も教えてくれない

ペニスを女性の膣に挿入して射精する事で女性は妊娠し、子供が出来るというのは学校の性教育で習います。
そのためセックスしたいという性欲が人間にはあり、エロいものを見たり、セックス出来なければオナニーをするという事が人間として自然な事であるとも性教育で教えられます。

しかし、ではセックスをする時ってどうしてあげれば女性は気持ちが良いのか?
女性はどんな風にされたいのか?

そんな事は誰も教えてはくれませんね。

AVやエロ漫画はセックスの参考にはなりません

そんな「誰も教えてくれない」セックスの具体的なやり方について唯一触れている物と言えばエロ漫画やアダルトビデオでしょうか。
しかしこれらの中で描写されているセックスはあくまでもフィクションに過ぎません。
エロ漫画は言うに及ばずですが、AVは女優と男優が前戯⇒ペニス挿入⇒ピストン⇒射精と一連の流れを実際にやっているのでこれをフィクションではないと思ってしまっている人がいますが、違います

AV女優の喘ぎや体の動きはあくまでも演技です。AV男優がやっている事が本当にセックスで女性を感じさせる事が出来るわけではありません。

快感の原則とは?

性感を高めオーガズムに到達させる方法には一定のルールがあります。これが「快感の原則」なのです。
勘違いしてはいけないのが、「誰でも同じ事をやれば気持ちよくなれる」という意味ではありません。

・・・意味が分からないですか?つまりはこういう事です。

私達人間は個人個人によって好みであったり、体型や容姿の違いというものはあります。
しかし体型や身長が異なっても脚が2本、腕が2本、指は各5本ずつ、目は2つ・・・といった部分は同じです。
あるいは好みの女性のタイプは人それぞれでも、「好きな女性に好かれたいと思う」「好きな女性と一緒にいると幸せ」というところは誰でも同じです。

セックスの快感も同じです。
女性によって「どこが感じるか・どのくらいの強さで愛撫するのが感じるか」というのは個人の振れ幅がありますが、性感が高まりオーガズムへと達するプロセスは誰でも共通しているのです。
この共通の部分が「快感の原則」なんです。

シンプルな3ステップ

快感の原則はシンプルなロジックです。

  1. すべてのテクニックに共通する基本的な愛撫のパターンを使う
  2. そこから相手の反応のいいものを探り、愛撫の強さとスピードを決める
  3. 慣れてきたら、部位別のテクニックを好みで追加する

この3つからなります。
女性によってどのくらいの強さ・スピードで刺激するのが最も気持ちよくなれるのかは振れ幅がありますので、これを探る事の出来る基本的な愛撫パターンを知る事が大切です。
⇒基本的な愛撫のパターンを動画で学ぶ

最も感じる強さ・スピードを把握したら、それで刺激をしつつさらに愛撫場所ごとにテクニックを加えて変化を付けると更なる快感の高みへと上がれます。