「ザ・シークレットゾーン」は北条麻妃が知られざる「第4の性感帯」について解説する動画教材です。
⇒動画を見る

第4の性感帯とはどこ?本当にそんなものがあるの?

一般的に女性器の中でオーガズムを感じさせる性感帯は3つが知られています。

  • クリトリス
  • Gスポット
  • ポルチオ

この3つですね。あなたも聞いた事があるでしょう。
しかし実は、女性がオーガズムに達する事の出来る性感帯が、もう一つあるのです。つまり第4の性感帯です。

と言っても、この性感帯は最近になって発見されたというわけではありません。しかし全くと言っていい程に一般的に知られていません。その理由はものすごく単純。

「AVやエロマンガなどでこの性感帯について取り上げる事が無い」

この性感帯でオーガズムに達するための刺激方法というのは、見た目がとても地味です。
AVやエロ本というのは男性が興奮しながら気持ちよくオナニー出来るように見た目が派手な演出を行います。先にあげた3つの性感帯だって、オーガズムに導く為の方法は派手ではありませんが、「指を何本も入れた激しい指マン」「吸ったり舐めまわしたりと激しいクンニ」「激しいピストン」といったように派手なやり方にAVなりのアレンジが出来ます。
しかしこの第4の性感帯の攻め方というのはどうにも地味で、派手なアレンジがしようがないのでしょう。
⇒性感帯の場所と攻め方を見る

連続オーガズムが可能です

この性感帯、攻め方は地味ですがそのオーガズムはとても強烈。オーガズムの快感の大きさもさることながら、何と連続でのオーガズムが可能なのです。
例えばクリトリスは、刺激されてオーガズムに達した後は非常に敏感になり、女性は触られるのを嫌がります。しかしこの秘密の性感帯はそんな事はないため、一度オーガズムに達してもそのまま刺激を続けると快感を感じてまたオーガズムに達してしまう事が可能なんです。
参考:https://ザ・シークレットゾーン.space

連続と言うよりもほぼ「イキっ放し」に近い状態です。
オーガズムに達すると女性は体力を消耗しますので、この性感帯で連続オーガズムを感じさせる時は女性の体力に気をつけましょう。