ベテランAV女優であり、性の探求者である北条麻妃は数多くのセックステクニック教材を出していますが、その中でも「北条麻妃が教える膣開発法」は大変に人気のある動画教材です。
⇒動画の視聴はこちらをクリック

ペニスの膣内刺激でオーガズムに達する「ナカイキ」

ペニスを挿入してピストンを行い、この刺激の快感で女性がオーガズムに達する事をナカイキ(膣イキ)と呼びます。
パートナーをナカイキさせたいと思っている男性は多いでしょう。互いの性器同士を擦り合わせて互いに快感を感じるのは「本番」と呼ばれるだけあってセックスで最も精神的にも快感的にも高まる時。この時に自分だけでなく相手の女性もイって欲しいと思うでしょうし、あるいは人によってはある種の「征服感」みたいなものを感じるというのもあるでしょう。

当の女性にとって、ナカイキは男性が感じる以上に大きな意味があります。
ナカイキはとても深くて長いオーガズムを感じる事が出来るのです。
クリトリスを指で弄られてイクのと、膣内をペニスで刺激されてイクのでは、”刺激するもの・される部分が違うから感じ方が違う”なんていうレベルの違いではありません。あるいは男性で言えば「ペニスをパートナーに手コキされて射精に達するのと、膣内で刺激されて射精するのとの違い」なんていうレベルではないのです。

膣内でのオーガズムは、クリトリス刺激によるオーガズムとは感じる神経からして違うという事が医学的に分かっています。
感じ方がまるで別物なので、快感の強烈さが全然違うのは当然なんですね。

膣の開発って何をやるの?

男性には元々「本番でパートナーをイカせたい」という欲求はありますし、インターネットの普及した現在では「ナカイキはすごく女性は気持ちよいらしい」という事も知られてきています。また、「ナカイキさせるのは膣の開発が必要」というのも結構知られてきているでしょうか。
しかし、では女性をナカイキさせられるかというと、出来る男性はほとんどいません。

「膣の開発」と聞いて、「膣を激しき刺激してやれば感じるようになる」と思っている男性が少なくありませんが、これは全くの間違い。
ただ闇雲に手マンを激しく行ったり、クンニを激しく行ったり、本番で激しく腰を動かしたりしても女性の膣は開発されたりしません。
「膣の開発」という言葉だけが独り歩きをして、その内容は知られていません。

膣は正しい手順を踏んで開発を行わなくていけません。北条麻妃が動画で行う解説を見て、しっかりとパートナーのアソコをナカイキ出来るように変えていきましょう。
⇒この動画のようにやってみてください

「正しい教科書」はAV女優北条麻妃が、世の男女の多くが知らない「快感の原則」からなるセックスのテクニックを解説する動画教材です。
⇒動画はこちらから

セックスのやり方は、誰も教えてくれない

ペニスを女性の膣に挿入して射精する事で女性は妊娠し、子供が出来るというのは学校の性教育で習います。
そのためセックスしたいという性欲が人間にはあり、エロいものを見たり、セックス出来なければオナニーをするという事が人間として自然な事であるとも性教育で教えられます。

しかし、ではセックスをする時ってどうしてあげれば女性は気持ちが良いのか?
女性はどんな風にされたいのか?

そんな事は誰も教えてはくれませんね。

AVやエロ漫画はセックスの参考にはなりません

そんな「誰も教えてくれない」セックスの具体的なやり方について唯一触れている物と言えばエロ漫画やアダルトビデオでしょうか。
しかしこれらの中で描写されているセックスはあくまでもフィクションに過ぎません。
エロ漫画は言うに及ばずですが、AVは女優と男優が前戯⇒ペニス挿入⇒ピストン⇒射精と一連の流れを実際にやっているのでこれをフィクションではないと思ってしまっている人がいますが、違います

AV女優の喘ぎや体の動きはあくまでも演技です。AV男優がやっている事が本当にセックスで女性を感じさせる事が出来るわけではありません。

快感の原則とは?

性感を高めオーガズムに到達させる方法には一定のルールがあります。これが「快感の原則」なのです。
勘違いしてはいけないのが、「誰でも同じ事をやれば気持ちよくなれる」という意味ではありません。

・・・意味が分からないですか?つまりはこういう事です。

私達人間は個人個人によって好みであったり、体型や容姿の違いというものはあります。
しかし体型や身長が異なっても脚が2本、腕が2本、指は各5本ずつ、目は2つ・・・といった部分は同じです。
あるいは好みの女性のタイプは人それぞれでも、「好きな女性に好かれたいと思う」「好きな女性と一緒にいると幸せ」というところは誰でも同じです。

セックスの快感も同じです。
女性によって「どこが感じるか・どのくらいの強さで愛撫するのが感じるか」というのは個人の振れ幅がありますが、性感が高まりオーガズムへと達するプロセスは誰でも共通しているのです。
この共通の部分が「快感の原則」なんです。

シンプルな3ステップ

快感の原則はシンプルなロジックです。

  1. すべてのテクニックに共通する基本的な愛撫のパターンを使う
  2. そこから相手の反応のいいものを探り、愛撫の強さとスピードを決める
  3. 慣れてきたら、部位別のテクニックを好みで追加する

この3つからなります。
女性によってどのくらいの強さ・スピードで刺激するのが最も気持ちよくなれるのかは振れ幅がありますので、これを探る事の出来る基本的な愛撫パターンを知る事が大切です。
⇒基本的な愛撫のパターンを動画で学ぶ

最も感じる強さ・スピードを把握したら、それで刺激をしつつさらに愛撫場所ごとにテクニックを加えて変化を付けると更なる快感の高みへと上がれます。

北条麻妃のセックス動画教材「Gスポットで中イキさせる指技」は女性をセックスの本番でイカせる(ナカイキ)を目的とした指マンのテクニックを解説しています。
>>より確実なナカイキのために、ピストンのやり方を動画で見る

「ナカイキ」なのに指マンのテクニック?

この動画のタイトルを見て首を傾げる方は少なくないのではないかと思います。
「ナカイキ」というのはセックスの本番、つまりペニスを膣に挿入してのピストンによる刺激でオーガズムに達する事を言います。なので「ピストンのテクニック」ならまだしも、ナカイキのために指技というのはおかしいと感じるでしょう。指でイカせたらナカイキではありませんから。

しかしナカイキのための指技というのは矛盾していません。女性を膣内オーガズムに導く為には、ペニスを挿入する前の前戯がとても重要なのです。これを多くの男性は知りません。だから多くの男性はパートナーをペニスでイカせる事が出来ないのです。

激しく指を動かせば良いわけではない

指マンにせよ、本番のピストンにせよ、激しく動かして激しい刺激を与えれば感じる・イクと思っている男性が多くいますがこれは間違いです。AVで男優がよく激しく指を動かして女優が喘いでいますが、あれはあくまでも演技であり演出です。AVの内容を鵜呑みにしてはいけません。

女性をナカイキさせるための指マンは、以下の3つがポイントです。

1. Gスポットの位置を正確に見つけること。

Gスポットは多くの方がその名を聞いた事がある有名な性感帯ですが、きちんと刺激出来る男性は少ないと言って良いでしょう。
Gスポットは見た目ではっきりと分かる部分ではないため、まずその位置が分からない。見た目で分からないので探り当てる必要があります。まずはこの探り方をマスターしましょう。

2. 潮吹きをさせようとして強い力で刺激しないということ。

AVやエロ漫画では女性がイク時に潮を吹くという描写が度々見られます。このために「女性が潮を吹く=快感を感じている・イっている」と思っている男性が多いのですがこれは間違いです
女性が潮を吹くのは必ずしも快感を伴っているとは限りません。
一度でも膣の愛撫でパートナーに潮を吹かせた経験のある男性は、指マンの際に潮を吹かせようとしがちですが、これは女性をナカイキさせるための前戯としては有効ではありません。

優しい愛撫が有効なんです。

3. そして最後のポイントは、タイミング。

女性がGスポットで快感を感じるには、十分に性感を高めておく必要があります。前戯がしっかり出来ていないと、本番のピストンでオーガズムに達する事は出来ません。

より確実に中イキさせたいなら、ピストンのやり方も学びましょう

「Gスポットで中イキさせる指技」はナカイキを目的としてはいますが、前戯だけの教材です。
本番ピストンでの持続力に自身が無いという方や、より確実にナカイキさせたいと思うのならピストンのやり方についても解説している北条麻妃の教材「絶頂ピストンメソッド」をオススメします。
※絶頂ピストンメソッドのレビューはこちら→絶頂ピストンメソッドの内容

絶頂ピストンメソッドは前戯でのGスポット刺激法だけではなく、Gスポットを刺激するピストンのやり方を解説しています。単に体位を紹介しているのではなく、Gスポットを刺激するためにやり方を工夫しているのです。
また、Gスポット以外の膣内の性感帯を刺激出来るピストンのやり方も解説していますよ。