催淫テンプレート 北条麻妃の「催淫セックス」のやり方

「催淫テンプレート」はAV女優北条麻妃が解説するセックスのテクニック動画教材の一つです。
⇒動画のダウンロードはこちらから

北条麻妃は数多くのセックステクニック教材を出していますが、催淫テンプレートはその中でも少し異色の内容。

脳科学的な根拠に基づいたサイエンス・スキル

催淫テンプレートが、北条麻妃の他のセックス教材に比べて異色なのは、脳科学的な根拠に基づいたテクニックであるという事。
人間はセックスをしている時、脳はどのようになり、どういうメカニズムで快感を感じているのかという仕組みから論理的に考え出されたセックステクニックなんです。

脳内物質を分泌させる「催淫セックス」

「ドーパミン」「エンドルフィン」といった、「脳内麻薬」と呼ばれる物質の事を誰しもどこかで聞いた事があるのではないでしょうか。
人間が快感を感じている時というのは、これらの脳内物質が分泌されています。

もちろん、セックスによる快感でもそうです。

セックスでどうすれば女性の脳内物質を大量に分泌させて大きな快感を感じさせる事が出来るのか?
それを脳科学的に考えて編み出されたテクニックが「催淫セックス」です。

PEAという脳内物質

人間は様々な脳内物質が分泌されますが、セックスの快感に関わる脳内物質は以下の5つです。
・PEA(フェニルエチルアミン)

・ドーパミン

・エンドルフィン

・オキシトシン

・テストステロン

この中でセックスに与える影響という観点から最も重要なのが、一番上の「PEA」という脳内物質です。
これは恋愛感情の源であるという事が医学的に分かっており、「恋愛ホルモン」なという呼ばれ方をされています。恋愛感情の源だけあって、セックスの時の身体の状態にも影響を与えます。
また、ドーパミンは集中力を高める物質として有名ですし、エンドルフィンはマラソンなどで身体に負担が掛かっている時に起こる「ランナーズハイ」を引き起こす物質です。

これらの物質を狙って分泌させながらセックスが出来たら、パートナーの女性は物凄い快感を感じるのが想像出来るかと思います。

脳科学の知識は必要ありません

脳科学的な根拠に基づいたテクニックと聞くと、何だか専門的な難しい知識が無いと使いこなせないかのような印象を受けてしまう人もいると思いますが、そんな事はありません。
「○○を愛撫する時は、××するようにすると、△△の分泌をもたらすので効果的」というように、効果については論理的ですが、動画内容の主眼はあくまでも「何をすれば良いか」なのでご安心を。

クリトリス刺激だけで失神しかねないほどの絶頂が可能

クリトリスは女性が最も簡単にオーガズムに達する事が可能な性感帯です。
セックスに自信が無いという男性でも、パートナーのクリトリス愛撫でイカせる経験くらいはあると思います。しかし一方で、セックスの本番(ペニスを挿入してのピストン)によってオーガズムに達する「ナカイキ」に比べると、その快感は深くはなく時間も短いというのは結構知られていると思います。

そんな女性のオーガズムにおいて初歩という感じのクリトリスですが、何と失神しかねないくらいの強烈な絶頂をさせてしまうことが可能なんです。脳内物質の仕組みを知っていればこそ可能な事です。
クリトリスですらここまでの絶頂が可能なのですから、脳内物質を分泌させながらのGスポット刺激やナカイキで女性がどうなってしまうのか・・・・お分かりですよね。
⇒催淫セックスでイク女性の痴態を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です